不遇な環境に生まれ育ってきた人

不遇な環境に生まれ育ってきた人

いじめってなんでなくならないのだろうという風に思っている人も多いかもしれませんが人生が平等でない以上、誰かがストレスをため込むことになるわけでそのはけ口として弱者へのいじめが存在すると考えるとなくならないのは当然と言わざるを得ないのかもしれません。順風満帆に生きている人にとっては理解しがたいことかもしれませんが何の楽しみもない毎日を過ごしている人というのは結構いたりしますからそういった人にとってストレスのはけ口というのはどうしても必要になってしまうわけです。

 

もちろん、だからと言っていじめが肯定されるべきものではないということは明白なわけですから弱者への攻撃ではなく別の何らかの形で不満を解消できるような環境というのが重要になってくるのではないかと思います。要するに不満があるから誰かに嫌がらせをしたくなるわけでその不満が大きなものでなければわざわざ他人を攻撃して足を引っ張ろうなどというような発想にはならなくなってくるわけです。これは物凄く重要なポイントですから多くの人がこのテーマについて考えるべきだと言えるでしょうね。

 

しかし、不遇な環境に生まれ育ってきた人の精神的な闇というのは深いものがありますから根本的に解決するというのは実際問題としてかなり困難だと言わざるを得ないケースもあったりします。なぜかというと不遇な環境に生まれてストレスの大きい毎日を過ごしてきた人は常に他人に対して刺々しい発言をしてしまうためもう周囲と良好な人間関係を築くというのはそもそも難しい状況になってしまっていたりするからです。ですから、嫌がらせをする人に改心してもらうというのは無理なケースというのも出てくることになってきます。

 

結論としていじめというのは加害者側が自分で現状を切り開くことができなければなくすことができませんから加害者に罰則を与えて解決しようとしてもそれは根本的な問題の解決にはならないことになってきます。むしろ、罰則を与えることでより状況を悪化させてしまう可能性もあるわけですから被害者としてはやめさせようとするよりも別の職場に移るようにしてそもそも関わらないようにするということがとても大切になるわけです。むしろ、被害者側ができることというのはそれ以外にありませんからね。

page top